【Blender 2.8】頂点・辺・面の選択について理解しよう

Blender
スポンサーリンク

三つの選択モードについて

Blenderで3Dモデリングをする際に欠かせないのが「選択」です。
オブジェクトを複雑な形に編集するには、編集モードでの選択を使用します。

編集モードでは「頂点(vertex)」「辺(edge)」と「面(face)」を選択することができます。

Blender 2.8 では、選択する際に「右クリック」をします。
※Blender 2.8以前のバージョンでは、選択は「左クリック」を使うので気をつけましょう。

Blender 2.8以前のバージョンは、他の3Dソフトウェアと操作感が大きく異なるため、他のソフトウェアと併用することが困難でした。しかし、Blender 2.8からは操作方法が修正され、他のソフトとも似た操作感になりました。
現在Blender 2.8以前のバージョンを使っている場合は、なるべく早めにアップデートをしましょう。

頂点選択モード(Vertex)

編集モードにて、キーボードの「1」を押す事で「頂点選択モード」に切り替えることができます。

辺選択モード(Edge)

編集モードにて、キーボードの「2」を押す事で「辺選択モード」に切り替えることができます。

面選択モード(Face)

編集モードにて、キーボードの「3」を押す事で「面選択モード」に切り替えることができます。

___________________________________________

コメント

タイトルとURLをコピーしました