【フィルム作例】PORTRA 160(ポートラ160)中盤・120フィルム【ブローニー】

カメラ

最近は中盤フィルムが次々の生産終了してきて、現行のフィルムが少なくなってきましたね。
フィルム好きとしては、とても複雑な心境です。

今回は、中盤フィルムの良さを広める目的も兼ねて、PORTRA 160(ブローニー)を使って撮影した作例をご紹介いたします。

中盤フィルムの魅力を伝えて、中盤フィルムファンが増えてくれるとっても嬉しいです。

スポンサーリンク

今回使用したカメラ

今回使用したカメラはMinolta Autocordです。
レトロな見た目が素敵な二眼レフカメラです。

 

Minolta Autocordに関する情報や作例などは以下の記事でも紹介しているので、興味がある方はぜひ見てみてください。

PORTRA 160の作例

 

         

このようにMinolta Autocordで撮影したブローニーフィルムは正方形になります。
(写真のフォーマットやフィルムの撮影枚数は使うカメラによって異なります。)

Minolta Autocordのように6×6の正方形で撮影する場合、撮影枚数は12枚になります。

また、今回はISOが160なので、作例にあるように暗いところを撮るのは難しそうです。
朝や日が暮れる前の時間までの屋外であれば、フラッシュなしで問題なく撮影が可能です。

暗いところで撮る場合は、PORTRA 400や800の方がオススメです。

まとめ

今回は、PORTRA 160の作例をご紹介いたしました。

個人的にはふんわりしていて、かつコントラストがしっかりしているPORTRAは中盤の中で一番のお気に入りです。今回は名前の通りISO 160のものを使用しましたが、もう少し暗めなシチュエーションで撮ることを想定している方は、PORTRA 400やPORTRA 800をお試しいただければと思います。

 


他にもカメラに関する記事を公開しているので、ぜひ読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました